テックとハック-ノンプログラマーの勉強ブログ-

仕事・家事・子育てを「より楽しく」「より簡単に」にする仕組みやアイディアをご紹介します。

【オススメ】AmazonPrimeReadingとiOSの読み上げ機能でながら読書をしよう

 こんにちは。ノンプロ研所属のきのぴぃ(@kinopy_techhack)です。ノンプログラマとしてスキルを身につけるべく勉強中です。

 今日は今取り組んでいるインプットの1つ、オーディオブックの環境を簡単に作る方法をご紹介します。

ノンプロ研に入って変わった事

 ノンプロ研に入って、改めてプログラミングの学習を始めてから、5ヶ月。 一番大きく変わったのは実は学習への意識だったりします。

 アウトプットはこのブログ。(この記事で73日連続73記事目!)

 インプットはまず第一はプログラミング。

 そして、実はインプットの一環としてしばらくサボっていた読書も再開しました。
読書の方法もいくつか試しているんですが、今日はその中で耳で聴く読書についてご紹介しようと思います。  

耳で情報を得る方法

 耳で情報を得る方法を調べるといくつかありました。

Podcast

matome.naver.jp

 こちらは昔から存在を知っていましたが、試した事がなく。
また趣味やエンタメ系の方が充実している印象がありました。

【音声読み上げアプリ】

applinote.com

 こちらは調べ始めてから存在を知りましたが、あまりなじまず。
理由は、、ニュース記事は分量が少ないので、RSSリーダーで取得している記事を目でチェックした方が早いから。
また、RSSでは記事がずらっと並ぶので、取捨選択が出来、かつ重複している記事の量で重要度を判定していたりします。

音声は聞いてみないと、今日があるニュースか分からない事もあり、僕には合いませんでした。

【オーディオブック】

appllio.com

 こちらは本の朗読サービスです。 聴き心地の良い声でスラスラと耳に入ってきて、とても良い感じ。 ただ、サービスによって得意分野が違ったり、また最新の本を読もうと思うと、1,000円〜1,500円程度掛かります。
読みたい本が小説などストーリー系であればとても良いサービスですが、今回の目的は知識を得る為の読書なので対象外としました。
 

結局何を使っているのか。

 結局も何もタイトルに書いてしまっているんですが、、

今回、僕が採用した方法はAmazonPrimeReadingをiOSの読み上げ機能で読む方法です。

Amazon.co.jp: Amazon Prime

dekiru.net

メリットや気づいた点

・安い  AmazonPrimeReadingはAmazonPrimeにおまけで付いている機能です。年間で3,900円、月額でも400円です。
読書目的で考えても他のサービスより割安ですし、買い物目的で加入済であれば体感は0円です。

・対象の本の数
 約1,000冊程度。Amazonの有料サービスKindleUnlimitedは17万冊。
比べ物になりませんが、ここは無料なので割り切っています。
あくまで、今回探しているのはスキマ時間の活用方法の為、体感0円で1,000冊あれば十分。
これが今後も続けられて習慣化されたら、喜んで980円払ってUnlimitedに入ろうかと。
それでもオーディオブックより安く対象の本の数も桁違いなので。

・読み上げの質  これに関してはオーディオブックには完敗です。比べるのが失礼。
ただ、ここも割り切りかなと思ってます。
今回読みたいビジネス系の本であれば、上手に抑揚がついていなくても十分理解出来ます。
また、個人的には早送りで聞く分には機械っぽい音声の方が聞き取りやすい気がしました。

・ながら聴きなんだけど。。
 使ってみて一番の弱点は、、iOSの読み上げ機能は今開いているアプリが対象。
そうなんです、ながら読書と言いながら、読書しながらスマホ操作は出来ませんw
 なので、通常は移動中でスマホがいじれない場合などが対象になるかと思います。
私の場合は、今iPadの活用方法を絶賛模索中なので、カバンの中に入れたiPadKindleを開き、
Bluetoothのイヤホンで聞いています。

終わりに

 いかがでしたでしょうか?

 先週から初めて、この方法で2冊読めました。ビジネス書はあと113冊あるので(笑)
まだまだ楽しめそうです。

 もしお役に立ちそうであれば、ぜひご活用下さい。