テックとハック-ノンプログラマーの勉強ブログ-

仕事・家事・子育てを「より楽しく」「より簡単に」にする仕組みやアイディアをご紹介します。

【ノンプロ研】今年一年を振り返って-開催した企画と開催に気にしているポイント-

 こんばんは。ノンプロ研所属のきのぴぃ(@kinopy_techhack)です。

昨日のタダケンさんからバトンを受けまして、今回は「ノンプロ研アドベントカレンダー」24日目の記事をお送りします。

アドベントカレンダーもあっと言う間に、今日を含めてあと2日ですね。

今日は、ノンプロ研での活動、特にイベント企画に関しての振り返りをしたいと思います。

【目次】

 -ノンプロ研とは?
 -今年度企画したイベント達
 -企画に当たって気にしている事
 -終わりに

 -ノンプロ研とは?

tonari-it.com

いつも隣にITのお仕事」のタカハシノリアキ(@ntakahashi0505)さんが主催するコミュニティで、GASやVBAPython習得を目指すノンプログラマーが参加しています。

 主な活動内容としては月1回の定例会と月数回のもくもく会があります。

 私はタイミング良くノンプロ研に出会えた為、スタート初日の昨年12月1日に加入しました。

 コミュニティの雰囲気がオープンな事もあり、おかげさまで楽しく自由に活動出来ています。

 -今年度企画したイベント達

 -ノンプロ研Slackの運営

 ノンプロ研に加入して、個人的に一番のファインプレイだと思ってます。

他のツール推しなのも承知でしたが、、メンバーの自主性を信じて、Slack導入を許可してくれたタカハシさんには感謝しかありません。。

ただ、高橋さんの振り返り記事にもある通り、かなりアクティブに使われていて、個人的にはニンマリしています。

tonari-it.com

導入したいと言った手前、ツールとして定着させたいという思いが強く、色々試行錯誤したものです。

 ・最初の半年は自分のカレンダーのタスクに「ノンプロ研のSlackで発言」というタスクを作って1日1回は喋ってました。
 ・botを作ったり、作ってもらったりツールとして便利なものへ。

まだまだ、ツールとして改善したい点も多くあるので、、来年はよりすごいSlackにしたいと思ってます。

 -初めてのもくもく会終了後の飲み会:ディープタウン大塚飲み会

 Slackはオンラインツールならば、オフラインは飲み会かな?と言う事で、コミュニティ立ち上げから少しして、もくもく会終了後に飲み会も開催していました。

ちなみにそれ以外にも全部で10回くらい幹事やりました。

ノンプロ研メンバー、お酒好き多いですよね。。

来年もたまには趣向を凝らした飲み会を開いて、メンバーの意外な一面を知る機会を作りたいですね。

 -もくもく合宿@三浦海岸のお手伝い

 メンバーのオオヤマさん(@matonotam) と一緒に企画しました。詳しくはこちらをどうぞ。

matonton.hatenablog.com

 とりあえず、初回立ち上げとしては合格点では無いでしょうか。えぇ、やる事に意義があります。
来年は更なるブラッシュアップをしたいな、と。何かコミュニティ外へのアウトプットを残したいと思いました。

 -分科会「初めてのPython

 こちらは先月開催したて。開催レビューもアドベントカレンダーで記事にしました。

kinopy-techhack.hateblo.jp

 LTやら企画内容の相談やらで今までで一番多くのメンバーに相談した企画かもしれません。

いつももくもく会とは雰囲気を変えてみたくて、あえてワイガヤな会にしてみました。

楽しかったかな。僕は楽しかったですw

 -チーム大阪

 チーム大阪の立ち上げも行なっています。

メンバーも5人になり、来年は本格始動の年になると思います。

定例のイベントを作り、当たり前に活動出来るようになるのが目標です。

その上で、メンバーみんなで何かいい企画を作りたいですね。

 -アドベントカレンダー

 まさに今回の企画です。

adventar.org

この企画、実際は自分が更新滞っていたブログを書く為に周りをまきこんだだけです(内緒)。

ですが、皆さんポジティブに参加してくださり大変感謝です。

特に、今回のイベントをきっかけに、新しくブログを立ち上げてくださった方もいて、自分の企画で人が動いてくれる、という嬉しさを感じたイベントでした。

このイベントもいよいよ明日でラスト。

担当はもちろん我らがタカハシさんです。楽しみにしてます。

 -企画する際に気にしている事

 企画が大好きなので、やる事自体は全然苦では無いんですが、、振り返りとしてこんな事を気にしてます、というポイントを残しておきたいと思います。

 -自分が本当にやりたい事をやる

 ・自分がやりたくない事を義務感でやるとつらいです。

 ・つらいと周りの人に恩着せがましくなります。

 ・恩着せがましい企画は嫌われますw

 -メンバーの事を知っておく。知ろうとする。

 ・メンバーの皆さんに楽しんでもらう為には、何に興味を持っているか知る必要があります。

 ・メンバーの皆さんに協力してもらう為には、何が好きか、何が得意かを知っておく必要があります。

 -迷う前に手をあげてみる

 ・やる前に迷っても何も進展しません。やると決めてから迷った方が良い方向に向かいます(完全な経験則ですが)。

 ・やると決めてから、ダメなら潔く撤退しましょうw

 -企画する事だけが企画じゃない

 ・企画する事がエライ訳じゃない(当たり前ですが)。

 ・他の人の企画にがっつり参加する事は、企画より大事な事だと思ってます(もちろん自分がやりたい事を)。

 ・自分に合ったスタイルで参加できるコミュニティ、他の人のスタイルを受け入れられるコミュニティの一員でありたいです。

 -終わりに

 こんなに楽しく自由に活動出来るコミュニティに入れたのが、今年一番のファインプレイですね。

当時ノンプロ研を見つけた自分を褒めてあげたいです。

来年も引き続き頑張って、ブログでアウトプットしてきたいと思います!

読んでくださり、ありがとうございました。